ぎゅうぎゅう旅と、写真をこつこつ

旅の写真だったり、旅をしてたり。

Photo/紅葉の京都ぎゅうぎゅう詰め旅(2) 嵐山-後編-

f:id:his_ame:20141214202133j:plain

こんばんは、雨です。
11月末三連休のガチ混み京都へのぎゅうぎゅう詰め旅、1日目午前:嵐山編の続きです。区切り方を間違えてめっちゃ枚数が多くなっちゃいました。

レンタサイクルで巡った順にご紹介します。
縦に撮ってる写真が多いのでスクロールバーがすごいことになるかも…

【紅葉の京都 ぎゅうぎゅう詰め旅(2)】嵐山-後編-

厭離庵
 清涼寺から自転車でちょっと走ると、住宅街の右側に控えめな看板を見つけることができます。看板の側から伸びる薄暗い小道の奥が、寺院の入口です。
 紅葉の時季にだけ特別公開されるそうで、こじんまりとした綺麗なお庭のある、静かな寺院でした。入口がもう分かりづらくて、秘密の場所って感じがすごい!
 縁側に座ってぼうっとしている時間が最高に幸せでした。また紅葉の時季にぜひ行きたい。

f:id:his_ame:20141214202109j:plain

写真の100倍ぐらい素敵なお庭です。こじんまり感が最高。

f:id:his_ame:20141214202119j:plain

f:id:his_ame:20141214202112j:plain

f:id:his_ame:20141214202110j:plain

窓に映った紅葉がきれいでした。木が日差しを遮ってるので写真も撮りやすい。

f:id:his_ame:20141214202113j:plain

f:id:his_ame:20141214202114j:plain

f:id:his_ame:20141214202115j:plain

f:id:his_ame:20141214202116j:plain

f:id:his_ame:20141214202118j:plain

二尊院
 有名スポットも混み具合によっては入ってみようかな…と思って前まで行きましたが、チラ見した瞬間に入るのを諦めました。入口外から1枚だけ。

f:id:his_ame:20141214202120j:plain

■壇林寺
 本当は祇王寺に行くはずだったのに、すぐ隣にあったのを勘違いして入っちゃいました。この寺院の目玉は保存されている貴重な美術品たちらしいのですが、出口へ通じる道の紅葉もとっても綺麗でした!自分ナイスミステイク。
 やっぱりみんな祇王寺に真っすぐのようで、壇林寺のほうはあんまり人が居なくてゆっくり撮れました。

f:id:his_ame:20141214202122j:plain

f:id:his_ame:20141214202124j:plain

f:id:his_ame:20141214202125j:plain

祇王寺
 1994年の「そうだ、京都 行こう」のポスターにもなっているところで、個人的に厭離庵とならぶ嵐山のクライマックスでした。
 なんといっても神秘的な紅葉と苔のコントラスト!ゆっくり階段を上って門をぐるって、もう、異世界に迷い込んだような気持ちでした。この旅で素敵だった寺院TOP3入りは揺るぎないです。

f:id:his_ame:20141214202128j:plain

入口までの坂道がもう素敵!燃えるような紅葉の赤と爽やかな青葉のコントラストは最強ですね。

f:id:his_ame:20141214202129j:plain

お庭をぐるっと一周できます。少し歩くたびに印象が変わるので、3周ぐらいぐるぐるしました。
お庭にある苔にもいろんな種類があるみたい。

f:id:his_ame:20141214202132j:plain

f:id:his_ame:20141214202133j:plain

f:id:his_ame:20141214202130j:plain

入口側の木に餌箱がくくり付けらていて、小鳥が遊びにきていました。人いっぱい居たのに怖がる素振りもなかったので、もう慣れっこなんだろうなぁ。

f:id:his_ame:20141214202136j:plain

2時間のレンタサイクルはちょっと時間が足りなかったです。2時間or1日っていう縛りがちょっときついなぁ。せめて3時間あればもう少しゆっくり見て回れたんだけど…

そして駅へ戻るのにまた道に迷って、よりによって竹林の道に入り込んでしまい地獄を見ました。今日ってお正月だっけ?
お昼の嵐山は混雑で身動きがとれないしご飯屋さんも軽く2時間待ちはあたりまえの行列でした。嵐山でご飯食べようとか甘いことを考えてたことを超後悔しました。一旦ホテルに戻って食べたカレーはめちゃくちゃ美味しかったです。

嵐山編は以上でおしまいです。次の更新は鷹峰編、源光庵です。