読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぎゅうぎゅう旅と、写真をこつこつ

旅の写真だったり、旅をしてたり。

Photo/紅葉の京都ぎゅうぎゅう詰め旅(3)鷹峯・清水寺編

f:id:his_ame:20141215003348j:plain

 こんばんは、雨です。
 激混み秋の京都へのぎゅうぎゅう詰め旅(3)は、1日目午後~夜にかけての「鷹峯・清水寺編」です。2日間の中でここが一番混雑していて、一番気力を削られました…
 かなり走り回ったのに写真は少なめです。混雑も怖ったけど、なによりバスの路線が分からず迷いまくったことが致命的でした。京都1周した。

 【紅葉の京都 ぎゅぎゅう詰め旅(3) 鷹峯・清水寺編】

■源光庵
 「京都に紅葉を見に行くのに、おすすめの場所はありますか?」とかつて京都に在住されていた知人数名に尋ねたら、必ず名前が挙がったこの源光庵。「迷いの窓」と「悟りの窓」と呼ばれる、丸と四角の窓から見える紅葉がたいへん素晴らしいそうで…
 ただ、ここで計算違いだったのは、この源光庵がまさに2014年秋の「そうだ 京都、いこう」ポスターに使われていたということです。まさにこの秋、いっちばんメジャーなところに飛び込んでしまいました。

f:id:his_ame:20141215003343j:plain

 内臓が出そうなぐらい混雑してるバスに40分ほど揺られて目にしたのは、「11月中は内部の撮影禁止」「ディズニーランドかと思うぐらいの長蛇の列」「ふたつの窓の前に10秒座るのに1時間待ちというシュールな光景」
 うーん……帰ろ!

f:id:his_ame:20141215003349j:plain

 源光庵の前にあったお店らしきたてもの。しぶい。

f:id:his_ame:20141215003344j:plain

 駐車場には真っ赤な紅葉とススキという最強コンビが居ました。正直ふたつの窓よりこっちのほうが印象に残ってます。人の少ないときに来たら本当にすてきなところなんだろうなぁ。

■光悦寺
 源光庵はアクセスのしづらいところにあり、周囲の観光スポットも多くないようなので、芋づる式にこちらも激混みでした。入口につながる紅葉のトンネルがとっても綺麗です。

f:id:his_ame:20141215003345j:plain

f:id:his_ame:20141215003346j:plain

f:id:his_ame:20141215003347j:plain

■常照寺
 門が有名なところ?らしく、そちらの写真だけ撮らせていただいて、なかへ参拝はしませんでした。だって帰りのバスも長蛇の列なんだもん…
 着物で来られている女子大生の方が居てめちゃくちゃ可愛かったです。いいなぁ。風流だなぁ。

f:id:his_ame:20141215003350j:plain

 ここから河原町まで戻って、ゆっくりお茶でもして、夕飯を食べて、宿に帰る…が当初の予定でした。
 けどバスの乗り換えに失敗して市内を1周したり、行きたかった和菓子屋さんが目の前で店じまいになったり、夕食どころはどこも満員で入れなかったりとアクシデント続きで、ようやく入れてくださった優しいお店でおいしい日本酒を飲んでいるうちに変にテンションが上がってきて、

「そうだ、清水寺いこ」

 いえす!酔っぱらい!

清水寺
 ここからは酔っぱらいが頑張ってシャッタースピードと戦うも、あり得ない混雑に巻き込まれどんどん投げやりになっていく様子をご覧ください。

f:id:his_ame:20141215003352j:plain

f:id:his_ame:20141215003353j:plain

f:id:his_ame:20141215003351j:plain

f:id:his_ame:20141215003355j:plain

f:id:his_ame:20141215003354j:plain

 結局ライトアップを見に来たのか人を見に来たのかよく分かりませんでした。たぶん風景は綺麗だった。たぶん……

f:id:his_ame:20141215003356j:plain

f:id:his_ame:20141215003357j:plain

 走り回ったので夜はとってもよく眠れました。
 京都ぎゅうぎゅう詰め旅1日目、ようやく終了です。次は2日目、哲学の道編です。

 では、雨でした。