読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぎゅうぎゅう旅と、写真をこつこつ

旅の写真だったり、旅をしてたり。

Travel/北&南アメリカ旅行(1日目)グリフィス天文台から世界一の夜景

海外旅行 2016年アメリカ・ペルー・ボリビア

f:id:his_ame:20170109222609j:plain

 こんにちは、雨です。
 15日間にわたる北&南米旅行、はじまりはロサンゼルスから。
 ※旅行全体のもくじはこちらからどうぞ。

 一番最初の計画時はアメリカでの寄り道を特に考えてはいなかったのですが、航空券を調べたらリマへ行くにはLAでの乗り継ぎがあったので、どうせなら初上陸のアメリカ大陸も楽しんでみよう!と2日間の前乗りを決めました。LAの夜景はほんとにきれいだった!

 思い出いっぱいなので長文になりがちですが、よかったらお付き合いください。

 【北&南アメリカ旅行(1日目) グリフィス天文台から世界一の夜景!】

日曜 17:20 成田空港発、日曜10:20 ロサンゼルス国際空港

 まさにタイムトリップ。君の名は状態。
 この時は運良く隣が空席だったので、約10時間のフライトを横になってぐっすり眠れました。映画はシンゴジラ観てました。通算4回目。
 海外行きの飛行機は夜発朝着が好きです。朝起きたら現地っていうスケジュールだとたっぷり観光できる気がするし、身体のリズム的にも時差ボケしにくくなる気がします。
 起きるともう、日本とは全然違う景色。LAだ!

f:id:his_ame:20170109222559j:plain

 

Fly awayでハリウッドのホステルへ

 LAで2泊お世話になったのはUSA Hostels hollywoodというユースホステル。ハリウッドを中心にまわりたいなぁと思ってたので、アクセスが良くて値段も安いここに決めました。
 確かにアクセスはよかったんだけど、ハリウッド界隈が思ったより何もなかったのと(お土産屋さんばっかりで買い出しにはちょっと不便だし、観光スポットも個人的に少なめだった)、治安的な雰囲気もあんまり良くなかったから、サンタモニカに泊まるべきだったかなーと行ってみて思いました。ハリウッドは大通りにもアダルトな感じのコスプレショップやタトゥー屋がいっぱいあってちょっと異様な雰囲気だし、ホステルとなりの駐車場には浮浪者がたむろしてたりで、常に警戒してなきゃいけないところだったので…。
 ホステル自体のセキュリティはしっかりしていて、入る時も必ずルームキーをスタッフに見せないと鍵を開けてくれないシステムだったので安心でした。施設も綺麗だったしね。

 空港からハリウッド界隈へはFly awayが1時間1本の頻度で出ています。2016年12月時点で片道8ドル、支払いはクレジットカードのみでした。空港の長いバスストップには色んなFly awayが来ますが、ハリウッド行きは小さめの白いバンでした。ながーいバスじゃないよ。

 飛行機がちょっと遅延したり、入国審査がめっちゃ混んでたりしてタイミングが合わず、結局バスを40分ぐらい待ったかな。その間にポケモン捕まえてました。
 アメリカ大陸限定ケンタロス、ゲットだぜーー!!!!

 f:id:his_ame:20170109225216p:plain

 ハリウッドまでのFly awayが道中えっっらい揺れてめちゃめちゃこわかった。
 突然ね、ハイウェイの途中で全身の肉が震えるぐらいガタガタ揺れだすの。そして収まる。また揺れる。収まる。アクセル踏み込んでるタイミングで揺れてるの?何かエンジンおかしいんじゃないの?爆発する?って10分ぐらい本気で怯えてたんですが、結局ハリウッドに着く前になおってました。なんだったんだろ…?

 ビル群を通り過ぎて、ハイウェイを駆けていきながら、遠くの山に「Hollywood」のサインが見えた時はちょっと感動。映画のなかにいるような気持ちになりました。BGMにバーレスクのサントラ流してたので余計に。
 ちなみにこの時はまだ警戒度MAXだったので一眼レフは鞄にしまいっぱなしでした。

 

ハリウッドでアメリカンなバーガーを食べる!

 Fly awayの到着駅からホステルは歩いて10分ちょっと。無事チェックインして荷物をおろしたら、まずは腹ごしらえ。
 この日食べるランチは決めていました。ロサンゼルス名物、In n Outバーガーを食べたい!

 お店へはホステルから歩いて約15分ほどなので、ウォークオブフェイムを辿りながら、チャイニーズシアターを横目にお散歩がてら歩いていきます。
 ハリウッド・ハイランドの渡り廊下からはハリウッドサインが見えるみたい。撮影にいそしむ観光客たち。

f:id:his_ame:20170109222602j:plain

 この時期のチャイニーズシアターではスターウォーズの最新作が上映されてました。それにあわせてか道端の大道芸人にもそういうコスプレが多いんですが、それよりも後ろからちょっと見えてるMのつくネズミのほうが気になるクオリティをしてます。

f:id:his_ame:20170109222603j:plain

 そしてIn n Outバーガーには迷いもせず無事に到着したんですが、なんと……お店は13時で閉店(;;)(;;)1時間ぐらい遅かった…!
 まさかチェーンのバーガー屋がこんなにはやく閉まるとは夢にも思わず完全に肩すかしを食らいました。これから行かれる方もお気をつけ下さい…昼過ぎにはあのお店、閉まってます。

 でもお腹はバーガーのつもりでいるから、急遽近くのバーガー屋さんを探して入りました。ハリウッド・ハイランドの中にある「ジョニーロケッツ」。日本にも結構昔に一度上陸したことがあるみたい。

f:id:his_ame:20170109222601j:plain

f:id:his_ame:20170109222600j:plain

 一番スタンダードなハンバーガーを頼みました。これがめっちゃくちゃおいしい~!!!
 野菜がいっぱい入っていて歯ごたえいいし牛肉の味がすごくしっかりしていて、何よりパンズの裏がカリカリに焼いてあるところが大正義でした。ハンバーガーのパンズは全部裏をカリカリに焼くべきというマニフェストを立ち上げたい。さすがアメリカ…がっついて食べるのが幸せになる味!
 だけど、店員のお姉さんに「ポテトいらない?ほんとに?ノーポテトフライ?」って3回ぐらい聞かれて「じゃあ……」と頼んだポテトがとんでもないボリュームでした。

f:id:his_ame:20170110121430j:plain

 これがうわさに聞いてたアメリカンサイズ…!3人前ぐらいあると思うんですが。がんばってフードファイトしましたが普通に完食できませんでした。おいしゅうございました。

 

DASHでグリフィス天文台

 メトロレッドラインのVermont/Sunset駅から、休日限定でグリフィス天文台へのバスが出ています。

Observatory Shuttle - LADOT Transit Services

 バス停は地下鉄の駅から出てすぐ、LADOTという水色の看板が立ってます。約20分に1本の間隔で、お値段は片道50セント。小銭を見分けるのが苦手なので、私は地下鉄に乗ったときにTAPカードを買ってそれを使いました。

  ほんとはもっと早く行って日が落ちていくところを眺める予定だったのですが、飛行機の遅延からはじまる諸々の小さいハプニングが積み重なり、Vermont/Sunset駅に着いた時点で17時。この日(12月18日)の日没は17時30分の予定。グリフィス天文台まではバスで20分ぐらいなので、ぎりぎり間に合うかどうかっていうタイミング。もう夕日を浴びている…。

f:id:his_ame:20170109222604j:plain
 バス停で待ってるときから、ちょっと離れたところにそれっぽいバスが止まってるな~とは思っていました。
 でも近づいてみても、運転手も乗客もいないし…もし天文台行きだったら、出発時間になったらバス停まで戻ってきたりするよね。と思い、同じようにバスを待っている旅行客と談笑していたら…17時20分と同時に突然かかるエンジン。ドアすら開けず去っていくバス。えっ?
 結局さらに20分待ちました。20分後に普通にやってきたバスにはみんなして前のめりで乗り込みました。うー日がすっかり暮れてしまう(;;)バスはぜんぜん混んでなかったんですが、道は夜景を見に来たひとたちで渋滞気味…窓の向こうにはすっごくきれいな夕日があるのになぁ。

f:id:his_ame:20170109222605j:plain

f:id:his_ame:20170109222606j:plain

 結局天文台に到着したのは18時すぎ。すっかり日はおちていたのでした。

f:id:his_ame:20170109222607j:plain

 

グリフィス天文台プラネタリウムとLAの夜景

f:id:his_ame:20170109222608j:plain

 きれいな黄昏だ~~~~!!!もうすっかり日は沈んじゃったけど…
 いままで夜景に感動したことってほとんどなかったけど、LAの夜景は格別でした。ひかりが細かく瞬いてて生きてるみたい。宝石箱をひっくり返したようなって表現がこんなにしっくりくるなんて…。

f:id:his_ame:20170109222612j:plain

  天文台の周りをぐるっとまわりながら、眼下には見事なLAの夜景がずーっと遠くまで広がっています。ほんとうに眼福でした…。旅行客だけじゃなくて、地元のひとたちなんだろうなぁっていうグループもいっぱいいて、すごく素敵な雰囲気でした。自分たちの街にこんなきれいな場所があったら自慢だろうなぁ。

 せっかくなのでプラネタリウムも見ていきます。
 全部で3種類あって、上映時間ごとにチケットの販売開始時間も決まっています。大人はひとり7ドル。詳しくは公式サイトへどうぞ。

Griffith Observatory - Samuel Oschin Planetarium

 チケットブースは長蛇の列だったけど、クレジットカード専用の自動券売機では比較的スムーズに買えました。観光客対策なのかスタッフのお姉さんが隣で代わりに操作してくれたので、特に戸惑わずに買えました。

 一番人気?かどうかはわからないけど、「Centered in the Univerce」を鑑賞。宇宙と地球の研究について、歴史をさかのぼりながら見せていくような内容でした。生の英語ナレーションと迫力ある映像、心地よいリクライニングチェア……そんな誘惑に勝てるはずもなく、ガリレオの説明のあたりから記憶がありません><

f:id:his_ame:20170109222611j:plain

f:id:his_ame:20170109222610j:plain

 施設内にはフーコーの振り子をはじめとして、天文に関する様々な展示を無料で楽しむことができます。

 2階に上がると、本物の望遠鏡をのぞかせてくれるところもありました。それがかーーーーーなーーーーり並んでて、まあ1時間ぐらい並んでオリオン座の星を見せてもらったんですけど、まあ、率直に言えば「……へえ!」って感じだったので並んで見なくてもいいと思います。拡大した光って感じでした。

 

DASHに乗りホステルへ

 20時すぎまで天文台を楽しんで、行きと同じDASHに乗りVermont/Sunset駅を経由してホステルへ帰りました。夜の地下鉄の治安をちょっと心配していたのですが、まあ静かで人気が少ないぐらいで、想像してたほど悪くなかった気がします。乗ってたのが2駅だけっていうのもあるかもですが…

 途中Vermont/Sunset駅の近くにあるスーパーで晩御飯を買ったのですが、昼間のバーガー&ポテトが響きすぎて何時になってもお腹がすかず翌日にまわしました。恐るべしアメリカのフードファイト

 日本を18日の17時20分に経ち、10時間のフライトを経てからのロサンゼルス観光。私の長い長い12月18日がようやく終わるのでした。2日目、メルローズ&サンタモニカ散策編へ続く!
 では、雨でした。